モビットが審査で重視しているポイントってどんな事?

モビットが審査で重視しているポイントはまず

モビットホームページのお申込いただける方に表記している人物に当てはまる

かどうかです。通常どのカードローンも似たようなものですがモビットの場合は、

  • 年齢20歳以上65歳以下の安定した定期収入のある方
  • アルバイト・パート・派遣社員・自営業でも申込めますが上記に当てはまる方

基本的なことですが、スポット的なアルバイト・パートや専業主婦のような収入のない方は申込できないので注意が必要です。次に、

モビットは消費者金融なので総量規制の対象業者

だということで、その他の無担保ローンと申込の希望借入額がモビットが審査で重視しているポイントになります。総量規制では、

 

 

個人融資でその個人の借入残高が年収の1/3以上融資してはならない


という金融業者に課せられた法律です。ですのでモビットも漏れずにこれを順守しなければならず、

 

 

(モビット申込時の借入希望額+その他の無担保ローンの借入残高)≦年収の1/3


とならなければ審査の余地はないことになります。以上のことを注意してモビットに申し込みましょう。

モビットが審査で重視しているポイントが分かれば今すぐ申込

モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

モビットで審査落ちしてしまったらまずプロミスに申込んでみてください

モビットは、インターネットだけで申し込みから契約まで手続きを進めることができる消費者金融業者です。

 

これまで、消費者金融といえばアコムの「むじんくん」などに代表されるような「自動契約機」を利用して契約をするというものは最も多いパターンだったのですが、インターネット技術の進歩と普及に伴い、各消費者金融業者もインターネットに対応した様々なサービスを提供するようになりました。

 

モビットは、そんなインターネットでの申し込みに特化した消費者金融業者なのですが、誰でも手軽に申し込むことができるからといって、当然ながら誰でも簡単に審査に通るわけではありません。モビットでは融資の審査を行うにあたり、

 

 

保証会社としてプロミスが担当しています。


プロミスといえば、消費者金融の中でも大手と呼ばれる業者のひとつであり、

 

 

同時に長い歴史もある業者でメガバンクの保証会社も務める業者


ですので審査を含め様々なノウハウを持っています。ゆえにモビットで審査落ちを食らう前に、

  • モビットの審査元であり
  • メガバンク保証会社も務めるほどの審査能力を持ち
  • モビットより金利が低く
  • 審査スピードも早く
  • 即日振込(平日14:00までにオンライン契約完了)・即日カード発行可能
  • 初回30日無利息サービス(要ポイントサービス申込)があり
  • 会社への在籍確認の電話も書類で代替可能(オペレーターに伝えればOK)
  • 郵送物も自宅・会社への郵送物もなしにできて誰にも知られず申込ができる

以上の優れたメリットを持つプロミスに申込むのが正解

プロミス
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

 

そのため、モビットの審査においても決して油断することなく臨むことが大切です。特に以下の点においては審査落ちにつながる可能性がありますので十分注意してください。

 

審査において最も重視されるポイントのひとつといえるのが、

他からの借入があるかどうか

多重債務になってしまった人が増加した問題を受けて、現在総量規制という法律が規定されていますが、この法律では借入ができる金額の「総額」について、年収の3分の1までと定められています。

 

なお、この総量規制は住宅ローンなどのように銀行からの借入は含まれない仕組みになっていますが、他の消費者金融業者からの借入があった場合には総量規制の対象となります。

 

借入が総量規制で定める年収の3分の1に達していればそれだけで融資を実行することが不可能となりますので、このような場合にはモビットに限らずどこの消費者金融を利用することもできません。

 

これは、返済を毎月キッチリと行っていても完済していなければ「借入」とカウントされますので、こうした部分をきれいな状態にしてから申し込むようにしましょう。

 

他のカードローン、銀行のカードローンやゆうちょ銀行 即日融資と比べてもプロミスは群を抜いていますので申込はプロミスで。

2013/12/05 21:20:05 |
私は、25歳ぐらいの時に旅行をするのが趣味な所がありました。バイトをしてお金を貯金して色々な場所に旅行に行きました。国内はもちろんなのですが、海外にだって遊びに行きました。やはり、海外に遊びに行くのはすごくうれしかったです。海外はまた日本と違い言葉が通じないような所もあるのですがやはり楽しかったです...